compose

eブック: ボールバランシングテーブル教材

本書は、自動制御体験キット ボールバランシングテーブルを使って、3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツイン教材です。 本資料はAcrome Inc.のBALL BALANCING TABLE Course wareをAltairが翻訳したものです。 1. ボールバランシングテーブルのコンポーネント 2. パルス幅変調(Pulse Width Modulation, PWM)とRCサーボモーター 3. 微分フィルター処理 4. システムモデリング 5. 性能指標 6. 制御システムの設計 7. 周波数応答解析 8. ゲーム

eBooks

eブック ボールバランシングテーブル ユーザーマニュアル

自動制御体験キット ボールバランシングテーブルのためのユーザーマニュアル。3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツインを体験できます。

eBooks

Altair Compose

Composeにより、エンジニア、科学者、製品クリエイターは、高度なマトリクスベースの数値計算言語とインタラクティブな統合プログラミング環境を使って、多彩な数値計算や自動化が可能になります。

Brochures

あらゆる設計ニーズに応える Simulation-driven Design プラットフォーム solidThinking

Altair solidThinkingは、工業デザイン、システム設計、構造・機構設計、生産シミュレーションなど、シミュレーション主導の設計に欠かせないロバストなソリューションをお得に利用できるプラットフォームです。solidThinkingに含まれる様々なアプリケーションは、多くの先進企業で、品質、コスト、製品化期間などの目標達成に貢献しています。

Brochures

eBook: Altair Composeで学ぶ数学、スクリプト、データ分析、可視化の基礎(英語)

このスタディガイドでは、Composeを使用して「数学、スクリプト、データ分析および視覚化」の基礎を学びます。 「プログラミング」に不慣れなユーザーだけでなく、Altair Composeに不慣れなスペシャリストも対象としています。

eBooks

eBook: Altair Composeで学ぶ弾塑性材料のモデリング(英語)

このeBookの意図は、与えられたひずみ履歴データで材料の応力状態を計算することです。 実験中に一般的に観測される特性に十分に一致する、正確な応力とひずみの数値を、計算により生成することを目指します。 冒頭では、基本的な1D材料モデリングを紹介しますが、より高度なランベルグ・オスグッドの硬化モデルも紹介します。 次に、テンソル計算が適用される3Dの基本的な材料モデルを作成します。このeBookで解説する演習のハイライトは、単純な非線形有限要素疑似静解析についてで、1次元2トラス要素システムの弾塑性を調べます。

eBooks

JATC2019 1Dシミュレーションの複合領域(油圧 / 電子回路 / 制御等)における拡張 - モデルベース開発ツールの新機能

Altair 由渕 稔 >Altair Activateは、圧倒的な使いやすさを誇る、モデルベース開発のためのブロックダイアグラム環境です。各領域のModelicaライブラリおよび電気回路のためのSPICEライブラリを、数学処理や制御システム構築のための豊富なシグナルベースライブラリと組み合わせてダイアグラムを構築することにより容易に1Dシミュレーションを実行することが可能です。また、FMIに加えて機構や電磁場ツールとのダイレクトインターフェースを備えており、1D-3Dを統合した複合領域のシステムシミュレーションを実行することも可能です。 今回は、最新バージョンで追加された独自の油圧とSPICEのライブラリを用いた事例を中心に最新機能をご紹介します。また、姉妹製品である数値処理計算環境Altair Composeについても最新機能を併せてご紹介します。

Conference Presentations

JATC2019 進化する5G時代のデバイス開発 1-10

深見 哲 様 通信機器事業本部 通信技術部 | 京セラ株式会社 京セラでは長年、携帯電話やスマートフォンなどの通信デバイスを開発してきました。通信業界では今後、5GやIoTの活用による様々なビジネスモデルが生まれていくことが予想されており、弊社においても、製品開発の新たなステージに挑戦しております。更に世界を拡げていくため、アルテア製品を活用した今後の取り組みについて、事例を含めてご紹介します。

Conference Presentations

全てのタイプの数値処理をひとつの製品で Altair Compose

Altair Compose は、CAE ポスト処理、マトリクス演算、微分方程式、信号処理、制御系設計等を実行するための、ハイレベルなマトリクスベース言語とインタラクティブかつ統一されたプログラミング環境を提供します。 学術研究・個人向け︓ ベーシックエディション(無償) https://www.altairjp.co.jp/mbd2019/

Brochures

eBook: Altair Composeで学ぶシステムの動特性と制御(英語)

このeBookは、「システムの動特性と制御理論」に初めて取り組む方、または入門者を対象としています。 実践例に進む前に、はじめに必要な理論的知識を示しました。 この分野のエキスパートである場合は、理論的な説明をスキップして、Altair Composeの実践例に進んでください。

eBooks

モデルベース開発ソリューション

Altair のモデルベース開発ソリューションは、圧倒的な使いやすさとコストメリットによりモデルベース開発手法導入のハードルを格段に低くします。

Brochures

無償版モデルベース開発ツールの利用方法

Simulinkのようなブロック線図とModelicaの物理コンポーネントが使用可能な1DシミュレーションツールAltair Activate2019と、MATLAB互換の言語Open Matrix Language(OML)が使用可能なAltair Compose2019からBasic版、Professional版がリリースされ、Basic版は無償でご利用いただけるようになりました。

Quick Start

モデルベース開発ソリューション無償ベーシックエディション

モデルベース開発ソリューションAltair ComposeとAltair Activateの無償ベーシックエディションとプロフェッショナルエディションでそれぞれお使いいただける機能をまとめました。

Brochures

ATCx2018 自動車業界で使用されているHyperWorks製品と最新連成事例のご紹介

ATCx オートモーティブ Day1 | 2018年9月20日 営業技術部 HyperWorks技術本部 シニアアプリケーションエンジニア 塚本 昌美

Conference Presentations

モデルベース開発ツールを用いたCAEデータ処理・プロセス自動化

本ページではそのCAEのデータ処理やプロセス自動化の中核となるソフトウェアComposeを紹介します。Composeは1Dと3Dが融合したビジュアル数式処理環境で、複雑な数値解析を迅速に開発、デバッグ、実行し、あらゆるタイプのデータを分析・可視化することができます。

Quick Start

ATCx2018 Accelerating the Adoption of Model Based Development

ATCx 制御と1D/3Dシステムシミュレーション | 2018年6月22日 Sr. Vice President Math & Systems Michael Hoffmann

Conference Presentations

サスペンションアームのトポロジー最適化

機構解析とトポロジー最適化を組み合わせたサスペンションアームの形状検討を、Altair Composeを使って自動化しました。

Use Cases

JATC2017 COMPOSEとMotionSolveを活用した移乗介護リフトの機構最適化

本格的な高齢社会に突入し介護の問題が緊急の課題となっている。被介護者の活動範囲を広げ生活の質を向上させるためには、ベッドや車椅子、トイレ等への移乗が不可欠である。そのため、移乗をサポートする介護リフトが開発されているが、使用時に被介護者が不自然な体勢になると精神的・身体的負担が大きくなる。本講演では、COMPOSE とMotionSolve を活用して人の自然な立ち上がり動作に近くなるように介護リフトの機構を最適化することによって、被介護者の負担を軽減することに成功した事例をご紹介する。 福岡大学 工学部 機械工学科 教授 岩村 誠人 様

Conference Presentations

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017

制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

Webinars

JATC2015jatc_Altair's Approach to Model-Based Development [英語]

Altairのモデルベース開発ツールがどのように数式、信号ベース、物理および3Dモデリングをサポートするか、1D世界と3D世界の間をシームレスに移動する方法について説明します。Driving innovation through simulation has always been Altair's focus with an emphasis on 3D simulations. Altair is expanding this approach to cover 1D models as well to provide solutions for early concept design where geometry isn’t defined, yet, and for the rapidly growing area of control systems. The presentation will describe how Altair’s Math & System products will support Math, Signal-Based, Physical and 3D-modeling, and how users can seamlessly move between the 1D and 3D world. Altair, Michael Hoffmann

Conference Presentations