Altair Radiossの適用分野

Altair® Radioss®の適用分野

Radiossは、自動車の衝突、落下・衝撃解析、終末弾道学、爆風・爆発の影響、高速衝撃の分野におけるリーダーとしての地位を確立しています

世界中の数多くの多様な産業において、Radiossは個体・流体力学に基づいた、多目的で包括的な高性能陽解法有限要素(FE)ソルバーです。

構造物や製品に対する動的な過渡荷重の影響を正確に予測し、安全性や生存率を向上させ、より堅牢な製品を設計するための標準的な頼れるツールです。

Radiossの詳細

大規模非線形運動と材料

Radiossは、バッテリー駆動電気自動車(BEV)の側面衝突試験、極度の負荷がかかるスポーツ用品、傷害状態下の生体力学、爆発状態にある防衛・国土安全保障などに見られるような、幾何学的・材料的に大きな変形を伴う動的・準静的荷重の下で、破断を伴うか否かに関わらず、大きな非線形運動と非線形材料挙動が支配的な特性となるシステム全体の挙動を考慮するのに役立ちます

衝突安全性

車両の種類を問わず、Radiossは30年以上にわたり、衝突時の反応を正確に予測し、車両設計者が安全基準を満たせるよう支援してきた。

安全性

自動車の乗員の安全性を確保するため、Radiossは人間や擬人化されたテストデバイス(ATD)モデルを用いて、エアバッグの展開やバリア効果に関する正確な結果を迅速に提供します。

製品のパフォーマンスを最適化するために、私たちはどのようなお手伝いができるでしょうか?

お問い合わせ

バードストライク

米国では2019年に17,000件以上の事故が発生しており、バードストライクは航空機のフロントガラス、構造物、計器類、エンジンの耐空性に対する重大な脅威であり続けています。Radiossの検証された鳥類モデルとマルチドメイン・シミュレーションは、鳥類による被害を確実に特定し、軽減するのに役立ちます。

着水

RadiossのマルチドメインをALE(Arbitrary Lagrangian-Eulerian)モデルやSPH(Smoothed-Particle hydrodynamics)モデルに適用することで、着水時のアプローチや構造的な応答、浮力などを含むフルディッチングシナリオのシミュレーションを大幅に高速化することができます。

船、オフショア、エネルギー

Altairの総合造船解析ソリューションの一環として、Radiossは船舶とドックの間の衝突シナリオを可能にします。その流体構造連成(FSI)機能により、船舶へのスラミングや波の影響、海洋プラットフォームのテザーやライザー、水中パイプ敷設、グリーンエネルギー生産構造物などの効率的なシミュレーションが可能です。

爆風と弾丸の保護

陸上、海上、空中を問わず、爆発物や弾薬からの偶発的または脅威の影響からの効果的な保護は、Radiossを用いて正確にシミュレートされており、その中には末端弾道の研究も含まれています。

おすすめリソース

Ford Research Center - Interview with Dr. Niels Pasligh

Niels Pasligh from Ford Research Center Aachen, Germany, is talking about his team's challenges and how they work with Altair products to tackle these.

Testimonial

Second Generation AMD EPYC Processors Speed Up Altair Radioss Crash and Multiphysics Simulations

Join Altair Radioss development and HPC solver VP Eric Lequiniou to find out how AMD EPYC processors speed up crash and multiphysics simulations with Radioss.

HPC Summit 2020

From MBD to FSI Complete firearm development

Presentation by Konstantin Arhiptsov & by Eitan Maler, Simulation Dept. IWI Israel Weapon Industries (IWI) at the ATCx in Israel, Netanya on October 30, 2019. These days, in IWI, complete multi physics simulation is an integrated tool in the development of any new product. The motivation is to completely simulate one or two firing cycles as close to reality. First step is the Multi Body Dynamics simulation to check all mechanism are synchronized and work properly. Second is the explicit simulations - calibrating the mechanical properties of the pistol, in that the springs, contacts, materials and gun powder properties based on one firing cycle. The following is to calibrate the Non Rigid Boundary conditions (NRBC’s). This calibration of boundary conditions which are not completely fixed is crucial to understanding the actual strains and stresses on the parts. One of the approaches was to use known data of the stiffness of arm and wrist, implementing this data into a HyperStudy model to compare and calibrate the results based on a slow motion capturing of a real firing. The results are promising, with high accuracy of the behavior compared to a real capturing of the shooting, up to the point of slider getting to the end of its move – where most of the kinetic energy transform into loads on the frame. The following steps will be to calibrate, using the same method, the return of the slider to it’s original position and perform more than one firing cycle.

Conference Presentations

Outstanding Scalability at NIAR - Advanced crash analysis solution proves twice as fast as leading competitor

To support its goal of accelerating the development cycle, early in 2020 NIAR commissioned a study to assess the scalability of Altair Radioss™, Altair’s structural analysis solver for highly non-linear problems under dynamic loadings. Regular support from an Altair engineer ensured swift familiarization with Radioss. The study was performed on Oracle Cloud Infrastructure (OCI). OCI with its bare metal HPC shapes that use low latency RDMA interconnect provided highly scalable infrastructure-as-a-service (IAAS) for Radioss.

Customer Stories
すべての資料を見る