modelcenter

ModelCenter® by Phoenix Integration

エンジニアリングシミュレーションツールの統合と自動化

Phoenix Integration社のModelCenterを使用すると、エンジニアリングシミュレーションツールの統合と自動化、設計空間の探索による製品設計の最適化、モデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)の実現が可能になります。

モデルベースエンジニアリングフレームワークであるModelCenter® Integrate には、個々の解析やシミュレーションモデルを再利用可能なコンポーネントとして保存し、シミュレーションワークフローを作成するための多種多様なツールと手法が搭載されています。

ModelCenter® Exploreは、設計検討と設計最適化のためのグラフィカル環境で、製品開発の全工程で役立ちます。繰り返し実行できるシミュレーションワークフローをModelCenter Integrateで一度作成してしまえば、その後は、実行ごとに入力値を変えながらワークフローを反復実行できます(用意があれば並列計算リソースも利用可能)。

ModelCenter® MBSE は、システムエンジニアリングとドメイン/ディシプリナリエンジニアリングの間のギャップを埋める、統合されたモデリングおよび分析機能を提供します。この統合機能は、複雑なエンジニアリングシステムの定義、設計、最適化、検証を行う設計チームのコラボレーションを可能にすることで、システム開発プロセスを効率化することを目的としています。

ModelCenterの概要ビデオ

ModelCenterを使うべき理由

エンジニアリング解析プロセスの統合

ModelCenterは、フレームワークと直感的なGUIを提供し、社内または市販のモデリングシミュレーションツールを自動化、統合します。

設計の探求と最適化

ModelCenterは、最適化技術を用いて、短時間で多くの設計案を検討し、最適な設計を行います。

SysMLとCAEの融合

ModelCenterは、SysMLモデルとCAEモデルを接続し、アーキテクチャのトレードオフや要求適合性の解析を行います。

主なメリット

開発リードタイムの短縮とコスト削減

ModelCenterは、エンジニアリング解析を自動化し、設計空間をインテリジェントに探索することで、エンジニアがシミュレーション資産(モデル)を活用できるようにします。

No Graphic

より良い設計

ModelCenterは、エンジニアにデザインスペースへの洞察を与え、より良いデザインを生み出すのに役立ちます。

No Graphic

モデルベースのシステムエンジニアリングの実現

SysMLとCAEを連携させることで、ModelCenterはシステムアーキテクチャの最適化や要求適合性の解析を行うことができます。

No Graphic