feko

RFデバイスの迅速な設計と最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #07

高速で正確なEMシミュレーションソリューションの時代でさえ、複雑なパッシブマイクロ波コンポーネントの開発は依然として困難な作業です。この設計上の課題に対処し、RFコンポーネントの開発サイクルを大幅に短縮するために、新しいハイブリッドソルバーソリューションが利用可能になりました。このウェビナーでは、3D-FEMのみに依存する一般的なソルバーに比べて大きな利点があり、一般的なフィルターとホーンアンテナの設計例を使用して、このようなコンポーネントの迅速な合成と最適化について紹介します。

Webinars

レーダーおよび無線システムのカバレッジの最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #06

シミュレーションを使用して、無線およびレーダーシステムによって提供されるカバレッジを予測、分析、最適化、および計画することは、開発、計画の時間、コストともに削減するための鍵です。また、場合によっては、これが通信の問題を特定して修正するための唯一の実行可能なアプローチとなります。このウェビナーでは、大規模な地形、都市、または内部の詳細を備えた建物など、複雑な環境での電波伝搬解析のシミュレーション戦略の概要を説明します。さらに、干渉と妨害の影響について説明し、多くの送信機を備えたシステムの周波数割り当てを自動的に最適化する方法について説明します。

Webinars

電磁放射ハザードコンプライアンスのための設計 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #05

5G、V2V通信、e-モビリティ、IoTなどの新技術により、環境内の電磁界ソースの数が増加します。このような電子システムを設計するときは、電磁放射ハザード基準(ICNIRP 2020など)への準拠を保証する必要があります。このウェビナーでは、人員、兵器、および燃料に対する電磁放射の危険性と、Altairテクノロジーを使用した数値解析によってこれを軽減する方法について説明します。防衛、自動車、電気通信のケースヒストリーが提示されます。

Webinars

Altair FEKO

高周波向け電磁界解析ソフトウェア FEKOは、複数の周波数領域および時間領域の解析手法を使用する先進的な電磁界シミュレーションソフトウェアです。

Brochures

レーダーシステムのRCSと散乱シミュレーション - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #04

革新とデジタル化は、電磁界シミュレーションが不可欠になっている高度な検出システム、自動運転車、ステルス技術を設計する際の重要な要素です。このウェビナーでは、レーダー断面積(RCS)と散乱計算にとって重要な中心的概念について説明します。これには、さまざまなアプリケーションの調査が含まれ、確立された業界をリードするソリューションを活用して、顧客が困難な問題を解決するのに役立つ最新の機能のいくつかに焦点を当てます。

Webinars

基板からの放射エミッションを考慮したEMCシミュレーションウェビナー

設計やエンジニアリングの工程では、製品やシステムを1つの系として捉える必要があります。今日の製品開発においては、とりわけ機械挙動とエレクトロニクスの統合設計が欠かせません。 本ウェビナーでは、プリント基板(PCB)からの放射エミッションと環境の干渉を評価するため、電磁界解析ソフトウェアAltair Fekoとプリント基板設計ソフトウェアAltair PollExを連携させた解析ワークフローの事例を解説します。 PollExとFekoの連携により、設計とEMCエンジニア、設計と生産技術、設計とデバイスメーカにおいて同じツール環境の構築が可能となり、製品開発のQCDが大幅に向上します。 対 象:EMCエンジニア、回路設計者、先行開発エンジニア 放送日:2021年6月3日

Webinars

ケーブルハーネスのEMC・EMI対策: クロストーク、放射、干渉、感受性

自動車、航空機、船舶、ビルなどの電子システムは、多くの場合、電気ケーブルで接続されています。大げさに言えば、現代の自動車は、電気系統の増加により、数キロメートルに及ぶ電気配線が大量のハーネスにまとめられており、航空機にもなるとさらに増えます。設計者は、最初の試作品を作る前に、以下のようなさまざまな電磁両立性(EMC)や電磁干渉(EMI)の問題を回避しなければいけません。 本資料では、これらの課題を電磁界シミュレーションで解決する方法を例とともに解説します。

Technical Document

EMC放射解析 - 近傍電磁界測定とシミュレーションの融合

故障のない動作を保証するため、電子部品にはグローバルなEMC 規制への適合が求められています。適合していることを証明するには、認定機関でのEMC 測定が義務付けられていますが、これらの測定は製品設計の最終段階で行われるため、EMC 試験に不合格になると、設計のやり直しが必要です。 本稿では、設計サイクルの早い段階でEMC 試験を可能にする、測定とシミュレーションを組み合わせた近接場での放射挙動を調べる手法を解説します。この手法では、近傍界での特性評価や遠方界での予測だけでなく、例えば、自動車に搭載された電子制御ユニット(ECU)がどのように動作するかなど、電子部品が設置された環境でどのように放射されるかもシステムレベルで詳細に解析できます。

White Papers

複雑なレドーム電磁界シミュレーションを数分で - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #03

レドームは、レーダーへの電磁信号を劣化させることなく、アンテナと電子機器を悪天候や環境要因から保護する構造的な筐体です。アンテナの電気的性能への影響を最小限に抑え、構造的および風荷重性能要件に耐えるように設計されています。これらは、航空宇宙、防衛、電子機器、電気通信など、複数の業界で使用されています。レドーム、特に複数の層と湾曲したFSS要素を含むレドームは複雑であり、これらのシステムのモデリングとシミュレーションは通常、完了するまでに数日から数週間かかる場合があります。Altairの合理化されたレドームシミュレーションソリューションは、この時間を数分に短縮します。 このウェビナーでは、Altairのレドームシミュレーションソリューションと、レドームシステムを設計するためのアプリケーションについて概説します。

Webinars

プリント基板を搭載した製品の放射エミッション評価

クロックの高速化に伴い、プリント基板(PCB)からの放射エミッションが引き起こす問題が増加し、製品開発サイクルの遅れや、コスト増などを招いています。プリント基板設計ソフトウェアAltair PollEx(ポレックス)と、高周波電磁界シミュレーションソフトウェアAltair Feko(フェコ)を連携させれば、最適なプリント基板の配置や、ノイズ対策を素早く正確に評価・検討できます。

Datasheets

大規模プラットフォームにおけるコサイト干渉の軽減 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #02

フリゲート艦、戦闘機、装甲車両などのプラットフォームでは、通信システム(SATCOMを含む)、レーダー、測位システムなどのさまざまな電子システムのために、送信/受信アンテナを多用することがしばしばあります。これらのシステムは異なる周波数で動作している場合でも、近接しているために干渉する可能性があります。電磁界シミュレーションツールを使用してコサイト干渉を分析する際、以下の2点が重要となります。 ・プラットフォームが複雑で、Line of sightが存在しない場合でも、広い周波数範囲にわたるアンテナ間の結合を正確に決定すること ・高調波、相互変調、IFブレークスルー、イメージ周波数などの非線形電子効果の影響、TxおよびRxスペクトル、およびレシーバーブロッキングの考慮 本ウェビナーでは、コサイト干渉を分析するAltairのシステムソリューションを、干渉の原因を特定・排除するまでの実例をもとにご紹介します。

Webinars

オンラインセミナー:ローカル5Gの干渉調整に最適!電波伝搬解析ソリューション

通信キャリアが展開する5Gとは別に、事業者が個別にサービスを展開できるローカル5Gが注目を集めています。 ローカル5Gの展開には、電波の干渉が発生しないよう事業者間の干渉調整が求められ、指定された伝搬損失モデルを適用した電波伝搬解析が必須となっています。 アルテアエンジニアリングが提供する「Altair WinProp(ウィンプロップ)」は、ITU-R P.1411、および拡張秦式による伝搬損失モデルを搭載しており、それらのモデルを用いた電波伝搬解析を簡単に実施できることから、ローカル5Gサービスを展開する事業者に最適のツールです。 当セミナーでは、ローカル5Gに期待される用途と電波伝搬解析の活用についてご紹介します。 *2021年4月14日~16日に開催されたInterop21 Tokyoで行ったセミナーの録画です。

Webinars

Altair WinPropを用いた5Gの無線カバレッジ計画

通信キャリアが展開する5Gとは別に、重機の遠隔制御、スマートファクトリ、自動農場管理、防災活動、eスタジアムなど、事業者が個別にサービスを展開できる #ローカル5G が注目を集めています。 ローカル5Gの展開には電波の干渉が発生しないよう、指定された伝搬損失モデルを適用した電波伝搬解析が必須です。Altair WinProp(ウィンプロップ)は、ITU-R P.1411、拡張秦式による伝搬損失モデルを搭載しています。 詳しくは、オンラインセミナーをご覧ください。

Technical Document

アンテナ設置性能の最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #01

新しいアンテナの設計と大規模なプラットフォームに設置されたアンテナの性能分析には、高性能コンピューティング(HPC)環境で実行できる拡張性の高い電磁界ソリューションが必要です。電磁気学およびHPCテクノロジーの先駆的な企業としてAltairが独自に提供する電磁気学ソリューションは、アンテナの設置性能の迅速な設計/評価を可能します。このウェビナーでは以下のトピックをご紹介します。

  1. アンテナの設計と開発を加速する直感的なガイド付きワークフロー
  2. 大規模構造の高忠実度解析のためのプライベートおよびクラウドHPCリソースとのシームレスな統合
  3. 卓越した結果の精度
  4. 複数の動作環境シナリオ内でアンテナのパフォーマンスを評価する機能

Webinars

Feko/WinProp 2021 - 新機能紹介資料

Feko 2021およびWinProp 2021における機能強化の概要を紹介した資料です。ダウンロードにはAltair Communityへのログインが必要です。 ◆ Feko 2021 ・CADFEKOとPOSTFEKOのアプリケーションマクロライブラリを強化 ・金属の表面粗さの影響を考慮する機能を追加 ・表面インピーダンスに基づいたSARの計算機能の追加 ・コンポーネントライブラリを強化 ・ケーブルポートのSパラメータ結果出力の追加 ◆ WinProp 2021 ・レーダーの結果をヒートマップとして、軸に沿った範囲と相対速度、信号強度を色でプロットする機能を追加 ・ネットワークプランニングの時間変化シナリオをサポートするProManとWinPropAPIのサポートを追加 ・.gmlのようなより多くのフォーマットの変換を可能とする、屋内および都市データベースのジオメトリ変換のためのGDAライブラリを搭載

Technical Document

Altair FekoによるAPI基板単体、製品全体のEMI評価 - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第1回です。本ウェビナーでは筐体、ハーネス、コネクタなどを含む製品全体の電磁界シミュレーションが可能なAltair Fekoと、EMCエンジニアと電子設計者を結ぶAltair PollExによるEMC対策ソリューションをご案内します。

Webinars

ESD可視化による開発リードタイム削減と対策事例 - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第2回です。本ウェビナーではCSi Global Alliance社に講演いただき、EMI/ESD可視化装置(米国API社製)による放射ノイズ、ESD電流侵入経路とESD耐量の可視化手法、ロボットを用いた実測試験の自動化ツールをご紹介します。

Webinars

Altair Fekoを用いたEMC解析事例のご紹介 - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第3回です。本ウェビナーでは筐体、ハーネス、コネクタなどを含む製品全体の電磁界シミュレーションが可能なAltair Fekoと、EMCエンジニアと電子設計者を結ぶAltair PollExによるEMC対策ソリューションをご案内します。

Webinars

EMCエンジニアと回路設計者をつなぐAltair PollEx - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第1回です。本ウェビナーでは筐体、ハーネス、コネクタなどを含む製品全体の電磁界シミュレーションが可能なAltair Fekoと、EMCエンジニアと電子設計者を結ぶAltair PollExによるEMC対策ソリューションをご案内します。

Webinars

環境仕様に合わせたシミュレーション駆動アンテナ設計

設計プロセスにおける環境仕様を満たすためのアンテナ用電磁界解析ソリューションを使用したシミュレーション主導のワークフロープロセスについて説明します。

White Papers

5G利用、IoT開発、EMI対策のための 電磁界・電波伝搬シミュレーション活用セミナー

20年以上にわたり電磁界・電波伝搬シミュレーションを活用し、実測値と比較しながら、様々な製品を効率的に設計しているパナソニックシステムネットワークス開発研究所(PSNRD)様にご協力いただき、シミュレーションを有効に活用するためのノウハウや活用事例等をお話しいただきます。

Webinars

磁界結合型ワイヤレス給電の最新研究 ~電磁界シミュレータを活用したコイル自動設計~

ケーブルや電池に変わる新たな電力供給手段として、ワイヤレス給電技術の研究開発が進められています。中でも実用性に優れ注目されているのが、「磁界結合型ワイヤレス給電」です。 その給電性能に関わる大事な要素の一つが、コイルの形状と配置です。 東京大学では、目的性能に対する最適なコイル形状と配置を自動で算出するシステムを研究されています。そのシステム構築に欠かせない強力かつ高速なソルバーを備えるとして、高周波電磁界解析ソフトウェアAltair Fekoを選定いただきました。 本ウェビナーでは、コイル自動設計技術を中心に東京大学の成末様より最新研究を発表いただくほか、弊社よりソルバーの解説をします。

Webinars

航空・宇宙業界のためのアンテナ設計セミナー

アンテナ設計および設置アンテナ性能と、仮想フライト試験や仮想走行試験を含む無線カバレージ解析を組み合わせたAltair独自の電磁界解析ソリューションをご紹介します。その他、複雑なレドーム設計のための新たなソリューションや散乱およびレーダー反射断面積(RCS)計算のための強力な解析/設計機能についてもご紹介します。

Webinars

電子機器設計に必須 ノイズ対策セミナー

電化製品の設計において、すべてのパーツを組み上げてから問題が発覚し、手戻りが発生してしまうと、納期やコストに大きく影響します。そのため、予めEMI評価、EMS評価を行っておくことが大変重要です。 本ウェビナーでは、ハーネスやコネクター、筐体の形状を考慮したEMI解析、ハーネスや基板の配置を考慮したEMS解析、これらの解析結果を設計に活用するためのEMCエンジニアと量産設計者の協調設計ソリューション、の3つをテーマにご紹介します。

Webinars

5Gインフラ評価のスタンダード WinProp電波伝搬セミナー

「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルの作成と評価、基地局の設置やアンテナ配置の検討について解説します。 セミナーの内容 ・5G電波伝搬の現象​ ・5Gカバレージについて​  - 伝搬損失  - 遅延スプレッド・角度広がり ・5Gネットワークプランニング​  - ビームフォーミング​  - モンテカルロ分析

Webinars

Altair WinProp

Altair WinProp は、電波伝搬と無線ネットワークプランニングのための最も完成された製品群です。大気圏外の人工衛星から、地上の地方、都市、屋内までの使用環境をカバーでき、革新的な電波伝搬モデルにより、短時間で正確な結果を求めることができます。

Brochures

JATC2019 5G時代の電波解析に対応!高周波電磁界解析ツールAltair Feko / WinProp新機能 5-01

Altair チャヨノ リドー 近年のワイヤレス技術の発展においては、コネクテッドカーや5Gを含むいくつかの注目すべきトピックがあります。これら 2 つの技術を実現するには、正確な設計が必要です。 設計の迅速化とコスト削減には、シミュレーションが大変有効な手段となります。Altair FekoおよびAltair WinPropは、電波伝搬シナリオと包括的な3次元電磁界解析ソルバーにより、それらのニーズに応えるための優れたシミュレーション技術を提供します。 本講演では、仮想走行試験 と 5G シミュレーションに関する両製品の新たな機能や事例をご紹介をします。 >> Altair Feko >> Altair WinProp

Conference Presentations

JATC2019 非接触による神経活動センサーの実装およびその評価方法の検討 5-04

大森 潔 Altair 近年注目されている運転者の意識障害による交通事故発生の問題を受け、運転者のバイタルサインを検出するセンサーへの関心が高まっている。 本講演では運転者の神経活動に伴う頭部の誘電率の変動を非接触でモニタリングするセンサーに着目し、基礎的なシステムの実装およびその評価方法について検討を行う。視覚誘発電位すなわち時間的に変化する画像パターン提示時に誘発される応答を指標として評価を試みる。

Conference Presentations

JATC2019 Fekoによるモーメント法、物理光学法、幾何光学法を用いた散乱断面積計算に関する検討 5-04

株式会社テラバイト 並木 武文 様 今日レーダーは、様々な物体探査や自動車の衝突防止など日常生活で幅広く利用されており、その指標である散乱断⾯積(RCS)をシミュレーションする技術が重要となっている。ここでは、コーナーリフレクターのRCSを電磁波解析ソフトウェアFekoで計算した結果について発表する。計算には3つの手法(モーメント法、物理光学法、幾何光学法)を用い、計算精度と計算コストについて比較し、⼤型物体のRCSを高精度かつ高効率で計算する方法について述べる。

Conference Presentations

EV開発に必要となる様々なCAE技術

e- モビリティの開発においては、駆動元がエンジンからモータになることにより、これまで培ってきたノウハウや知見とは異なる様々な要素技術が必要となります。

Brochures

乗用車のガラスアンテナのレイアウトを最適化する

ドイツのDaimler社は、ガラスアンテナの開発手法を実験ベースからシミュレーション主導へといち早く切り替えた企業です。 この開発手法の変更により、車両開発の初期段階でアンテナ性能を向上させ、高品質のアンテナレイアウトを開発することが可能になりました。

Customer Stories

シミュレーションを活用した世界最小のテレビアンテナ開発

メキシコのモレロス州立自治大学(UAEM)の工学研究・応用科学センター(CIICAp)は、Margarita Tecpoyotl-Torres 博士の指揮の下、アンテナ信号の安定化プロジェクトに乗り出しました。その結果、取り付けが簡単で、価格も手頃な超小型アンテナの開発に成功しました。このアンテナは、発展途上国の都市部から離れた遠隔地にテレビ放送を伝送できる可能性も秘めています。安価なアンテナによって、貧困層が教育を受けたり、文化や娯楽を楽しんだりする機会が生まれるかもしれません。

Customer Stories

高周波電磁界ソフトウェアAltair Feko

Altair Fekoは(1)複数の解析手法を完備、(2)1つの課題で2種類の解析手法を利用可能、という際立った特徴を持つ電磁界解析ソフトウェアです。これまでの電磁界解析ソフトウェアと異なり、大変広範な周波数帯で精度を落とすことなく解析できます。

Brochures

ATCx2018 ピッグテールケーブルの周辺電磁界に及ぼす影響解析と計測

ATCx e-モビリティ | 2018年11月15日 HyperWorks技術本部 シニアテクニカルスーパーバイザー 芝野 真次

Conference Presentations

ATCx2018 EMC/EMI対策紹介とモーター性能影響評価

ATCx 電機製品ソリューション | 2018年6月29日・7月6日 熱流体・電磁場解析技術部 テクニカルマネージャ - EM 山倉 鉄矢

Conference Presentations

より広範囲で正確な電磁波障害対策のための 高周波電磁界解析事例のウェブセミナー

数解法とその連成を特徴に持つ高周波電磁波解析ソフトウェアFEKO の EMC(エミッション・イミュニティ)解析事例をご紹介します。

  1. 単一部品はもちろん、電波とケーブルの相互作用あるEMC
  2. ミリ波帯(数十 GHz)電磁波と物体の干渉および伝搬
  3. アンテナ設計だけでなくアンテナと物体の相互作用
  4. 航空管制やステルスなどに有効な電磁波を反射する能力(RSC)予測
  5. 電磁界解析の自動化・簡易化

Webinars

脳深部刺激療法のMRI検査時の発熱を抑制

高周波電磁界解析ソフトウェアFEKO®の活用により、脳深部刺激療法のMRI検査時の発熱を抑制することに成功。

Customer Stories

高周波電磁界解析ソリューション- FEKO

AltairのFEKOは、高周波界磁場問題を解くのに最適な解析ソリューションです。自動車産業をはじめ、航空宇宙、エレクトロニクス、医療など様々な分野で使われています。 FEKOの製品概要はこちら▼ http://www.altairhyperworks.jp/product/FEKO

Videos

JATC2017 AM/FM周波数帯でのEMC(電磁独立性)解析事例

EMC(電磁独立性)に対するシミュレーション要求が高まっており、弊社もそれらを多く受注しています。そこで、架空のモデルを用いたAM/FM周波数帯でのEMC(電磁独立性)解析(シールド効果検討例)を解析手順を含め、ご紹介します。

Conference Presentations

JATC2017 衝突回避レーダー事例紹介

ADAS(先進運転支援システム)や自動運転に向けて、周りの部品を含めた衝突回避レーダーの機能検討ニーズが高まっており、弊社でもこの関連のベンチマークなどが増えています。そこで、こうした事例を踏まえ、仮想的な例題ではありますが、レーダー性能に及ぼす部品の影響解析の手順をご紹介します。 第1技術部 アプリケーションスペシャリスト チャヨノ リドー

Conference Presentations

JATC2017 AM/FM周波数帯でのEMC(電磁独立性)解析事例

EMC(電磁独立性)に対するシミュレーション要求が高まっており、弊社もそれらを多く受注しています。そこで、架空のモデルを用いたAM/FM周波数帯でのEMC(電磁独立性)解析(シールド効果検討例)を解析手順を含め、ご紹介します。

Conference Presentations

JATC2017 ワイヤレス充電システムの電磁界解析解説

ハイブリッド車や電気自動車はその充電法として、非接触充電を採用することも検討されています。弊社電磁界ソフトウェアを用いた非接触充電関連の海外での解析事例を中心にご紹介します。 The future of electrical vehicles (EV) and how such vehicles are charged is key for their success and growth. It is not only about static charging when the vehicle is in the parking lot but also about dynamic charging so the battery can be charged while the car is moving. Wireless EV charging is becoming key since it removes the need to constantly plug the car in to recharge the battery. This presentation will focus on showing how electromagnetic and thermal simulation are used to design one of the key elements of wireless charging systems: the coil antennas, strategic elements in the system to ensure proper battery charging and to mitigate and avoid safety and thermal issues. Director of Global Business Development, Electromagnetic Solutions Dr. Jordi Soler

Conference Presentations

JATC2017 Electromagnetic Solutions for e-Mobility and Connected Vehicles

ガソリン車から電気自動車へと変化を遂げている自動車において、車両動力を電気とするe-モビリティに対するシミュレーション需要が高まっています。本講演では海外事例を中心に弊社FEKO およびFluxを用いたe- モビリティ関連解析事例をご紹介します。 Electrified, connected, autonomous and shared are four mobility megatrends having game-changing effects on the automotive and transportation market. These trends are like to drive more change during the next decade than over the last four decades. This presentation will explain how Altair's electromagnetic simulation solutions are helping customers to solve design and validation challenges related to: (a) wireless power transfer systems, electric motors and electromagnetic compatibility aspects for e-Mobility, and (b) communication modules design and virtual drive tests to reduce the costs and time of the extensive road tests being done to study and analyze new connected vehicle functions.

Conference Presentations

JATC2017 Maximizing HyperWorks Solver Performance using HPC

In this presentation, one will learn how it is crucial for Altair solvers to leverage high performance computing (HPC) to speedup complex engineering simulations.

Conference Presentations

自動車ファンの心をくすぐる新たなeミュージック

昔はあれほどガソリンや鉄に心を揺さぶられていたのに、 現在では、電磁の波を乗りこなす高性能自動車にスリル を覚えているのです。(Concept to Reality 2017掲載)

Brochures

ヘルプの日本語化 *音声解説付

HyperWorksのヘルプを日本語にする方法をご紹介します。HyperWorksには英語のヘルプしかない、、、と思っているユーザーさんも多いですが、実は日本語ヘルプもちゃんとあります。

Videos

ヒュンダイモービスのシールド効果検証

現代自動車グループのHyundai MOBISは、外界からの電磁波や電子製品からの電磁波の漏れを防ぐ遮蔽体に開口部がある場合のシールド筐体の効果を短期間かつ効率的に検証するため、Altair Fekoを導入しました。 その結果、ホットスポットをなくし、最適な材料選択に成功した上に、シミュレーション時間を33%短縮しました。

Customer Stories

自動車産業界におけるFEKOの活用

自動車用アンテナとEMC 性能の解析・設計・最適化
Altair の多種多様な解析手法を統合した高周波電磁界シミュレーションソフトウェア製品群であるFEKO は、アンテナや電磁適合性(EMC)の問題を解析および設計するためのツールとして、自動車産業の広範なOEM 企業やサプライヤー企業で使用されています。

Datasheets