電磁界

電磁界解析

Altairが提供するソフトウェアは、静的な問題から低周波 / 高周波の問題までの広範な電磁界問題を解くために、数多くの産業で活用されています。Altairの各種ツールを使用すれば、複数の周波数領域 / 時間領域ソルバーを完全にハイブリッド化して広範なEM問題を効率的に解析することも、静磁界、定常磁界、変動磁界の状態を模擬することも可能です。

製品を見る

無線接続

無線接続

Altair® Feko®は、アンテナ設計、アンテナの配置とカップリング、仮想走行試験と飛行試験、無線周波数干渉、レーダーおよび無線のカバレッジとプランニング、スペクトラム管理に活用できる最先端のツールです。設置アンテナの性能と無線カバレッジ解析を組み合わせた、Altair独自のソリューションです。ハイブリットソルバーと並列ソルバーを搭載しており、複雑で電気的に大きな問題を効率的に解析することができます。さらに、WinPropとWRAP技術により、屋内から都市、地方、国全体に至るまで、あらゆるシナリオに対応した高速で正確な電波伝搬モデルを搭載しています。

電気機械システム

電気機械システム

Altair® Flux®なら、複雑さを極める電磁界システムもモデリングできます。その正確性は折り紙付きです。静磁界、定常磁界、変動磁界の各状態を、電気特性と熱的特性とともに模擬するマルチフィジックス機能により、装置の性能、効率、寸法、コスト、重量を最適化できます。大容量の電流が流れる電気装置(トランス、インシュレーター、電流バー、サーキットブレーカーなど)に加え、様々なセンサーやアクチュエーターの開発で使用されています。Altair® FluxMotor®なら、電気モーターを素早く開発できます。設計を準備したら、プロセス指向の複合領域シミュレーション環境であるAltair® SimLab®で、Fluxソルバーを使用して解析します。Fluxの直感的なインターフェースでは、任意の試験の実行、複数の構成の解析、結果の比較、性能の最適化が可能です。

RCSとレドーム

RCSとレドーム

Fekoは、自動車、エネルギー、通信、防衛のためのレーダー反射断面積(RCS)の問題を解くため、幅広い規模や業界の電気の性能を解析できます。 複数のソルバーを統合することで、アンテナの保護、空気力学性能の強化、求められる電磁透過性の実現など、レドームが抱える複雑なマルチフィジックスの問題を正確に解析することができます。

電磁両立性(EMC)と電磁干渉(EMI)

EMCとEMI

電磁両立性(EMC)と電磁干渉(EMI)は、コネクテッドデバイスの増加に伴い、今やホットなトピックになりました。コンポーネントの一体化とEMC規格への適合を実現するには、EMCとEMIの確認が不可欠です。Fluxなら、電流ケーブルとバスバーが放射する磁界や、外部電磁界がセンサーやアクチュエーターの動作に与える影響を評価できます。Fekoでは、ケーブル、アンテナ、装置の放射と照射の両方を模擬できるため、効果的な遮蔽を設計する際に役立ちます。

電磁放射障害と生体電磁気学

電磁放射障害と生体電磁気学

人体は、ほぼあらゆる場所で電磁界にさらされており、高レベルの電磁界は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。技術の進歩によって新しい磁場ソースが生み出されており、電子機器の法的規制への適合性を検証する必要があります。Fekoは、SARなどの吸収比率や体温上昇に関する規制を考慮しながら、体内や人体の近くにある電磁界の相互作用を評価し、有益な知見を引き出すため、あらゆる業界で使用されています。

デジタルで真実を暴く:「静電気が怖いから指先で触る」のは正しいのか?

ブログを読む

 

Altairパートナーアライアンス(APA)電磁界ソリューション

Altairパートナーアライアンス(APA)では、お使いのAltair電磁界ツールをさらに活用して、イノベーションを推進するための電磁界ソフトウェアをご用意しています。回路設計、部品設計およびシステム設計における電磁的性能をシミュレートできます。Altairのパートナー製品は、統合されたワークフローにより、高速エレクトロニクス、電気機械部品、通信システムなどの設計を成功に導きます。

  • Mician社のµWave Wizard™は、高性能電磁界設計自動化ソリューションであり、3次元フルウェーブ電磁界の設計とシミュレーションに対応します。
  • Lambda社のTraceProは、レイトレーシング、解析、CADインポート/エクスポート、最適化を行い、照明設計や光学解析における様々な問題を解決します。
  • Fieldscale社のChargeは、複雑化が進む電子製品の静電気シミュレーションを数分で実行できる、シミュレーションソフトウェアです。

上記をはじめとしたパートナー製品は、Altair Unitsのライセンスを通じてご利用いただけます。

その他のAPAソリューションを見る

電磁界解析に関する資料

5G利用、IoT開発、EMI対策のための 電磁界・電波伝搬シミュレーション活用セミナー

20年以上にわたり電磁界・電波伝搬シミュレーションを活用し、実測値と比較しながら、様々な製品を効率的に設計しているパナソニックシステムネットワークス開発研究所(PSNRD)様にご協力いただき、シミュレーションを有効に活用するためのノウハウや活用事例等をお話しいただきます。

Webinars

電磁放射ハザードコンプライアンスのための設計 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #05

5G、V2V通信、e-モビリティ、IoTなどの新技術により、環境内の電磁界ソースの数が増加します。このような電子システムを設計するときは、電磁放射ハザード基準(ICNIRP 2020など)への準拠を保証する必要があります。このウェビナーでは、人員、兵器、および燃料に対する電磁放射の危険性と、Altairテクノロジーを使用した数値解析によってこれを軽減する方法について説明します。防衛、自動車、電気通信のケースヒストリーが提示されます。

Webinars

乗用車のガラスアンテナのレイアウトを最適化する

ドイツのDaimler社は、ガラスアンテナの開発手法を実験ベースからシミュレーション主導へといち早く切り替えた企業です。 この開発手法の変更により、車両開発の初期段階でアンテナ性能を向上させ、高品質のアンテナレイアウトを開発することが可能になりました。

Customer Stories

環境仕様に合わせたシミュレーション駆動アンテナ設計

設計プロセスにおける環境仕様を満たすためのアンテナ用電磁界解析ソリューションを使用したシミュレーション主導のワークフロープロセスについて説明します。

White Papers
電磁界解析に関する資料一覧