squeak-rattle-director

Altair Squeak and Rattle Director™

感性品質(PQ)のためのソリューション

Altair Squeak and Rattle Director(SnRD)は、コンピューター支援エンジニアリング(CAE)の初心者もエキスパートも、設計の初期段階で製品のきしみ音とがたつき音を迅速に特定して取り除くことができます。Altair HyperWorks環境と完全に統合されており、高度な自動化機能により、複雑で時間のかかる作業を簡単に実行できます。

リスクの分析、根本原因の特定、数値最適化による解決策の発見、気候の変化や製造ばらつきに起因する影響の探索を容易に行うことができます。SnRDは、Altairのエンジニアリングチームが提供する広範なきしみ音やがたつき音の専門知識とともに、感性品質向上のための業界最先端ソリューションです。

SnRDの導入メリット

感性品質(PQ)の向上

きしみ音、がたつき音、不快音の問題に関連する不要なノイズを除去して、高品質のユーザーエクスペリエンスを実現します。

製造コストの削減

設計プロセスの初期段階でリスクを特定することで、不要な試作品の作成や生産後の迅速な修正に関連するコストを削減します。

最適化されたソリューションの作成

構造最適化と組み合わせることで、製造上の制約を考慮しながら、不要な重量とコストを加えることなく、きしみ音やがたつき音のリスクを排除できます。

主な特長

操作ガイド付きの自動化されたワークフロー

直感的なプロセス駆動型のユーザーエクスペリエンスにより、繰り返し行われるプリ・ポスト処理のタスクを自動化し、きしみ音やがたつき音のリスクを迅速に特定して、より迅速でより良い設計案を選択することができます。

No Graphic

きしみ音・がたつき音リスクを先行して確認

きしみ音やがたつき音のリスクの高い箇所を素早く特定して表示できます。ポスト処理に時間を割く必要はありません。

No Graphic

Ziegler材料データベース

Ziegler PEMデータベースとのシームレスな統合により、異なる材料間で発生するスティックスリップ現象を予測します。

No Graphic

根本原因の分析と診断

モデルを再度計算することなく、感度解析を通じて問題の根本原因を簡単に特定し、What-If(仮定)スタディを実行できます。

No Graphic

最適化によるソリューションの提案

構造最適化を自動的にセットアップし、部品間の新しい結合箇所や必要な補強材を提案することで、きしみ音やがたつき音の問題を解消します。

No Graphic

さまざまな変数のスタディ

部品の厚さ、部品の結合剛性、製品の経年変化などの製造上のばらつきを考慮して、きしみ音やがたつき音のリスクを評価します。

No Graphic