inspire-print3d

Altair Inspire Print3D

3Dプリンティングに適した設計とシミュレーション

Inspire Print3Dは、材料使用量、プリント時間、後処理を低減し、開発や積層造形のコスト削減を可能にするツールです。高速かつ正確なツールセットで、レーザー溶融法(SLM)部品の設計と製造プロセスをシミュレーションできます。

使いやすい高度な熱-機械シミュレーション機能を備えており、設計エンジニアがそのまま積層造形に使える部品を開発することができます。プリンターのタイプから切り離して挙動を捉えることで、重要なプロセス変数を評価し、簡単に修正できます。部品の構築、冷却、切断、スプリングバックのシミュレーションにより、コストがかさみがちな試作の反復を減らせるほか、プリントベッド上での向きを最適化し、サポート材を最小限に抑えた設計を作り出せます。

プロセスや設計のどの部分を変更すれば製造効率を高められるかを素早く把握し、そうした変更を施したパートや支持構造の形状を、主要な3Dプリント準備ソフトウェアにエクスポートすることができます。Inspire Print3Dなら、部品をプリントする前に変形、層間剥離、過熱といった潜在的な問題を特定して修正することも簡単です。

Inspire Print3Dの概要ビデオ

Inspire Print3Dの導入メリット

製造コストの削減

部品のサポート材を最小限に抑え、部品をプリントする前に変形、層間剥離、過熱といった潜在的な問題を修正することで、製品設計の向上と後処理作業の削減を効率的に達成できます。

プロセス効率の向上

パフォーマンスと製造をシミュレーションできる各種ツールを用いて、1つの環境内でジェネレーティブデザインから製造性評価までを実行できます。スピード、使いやすさ、正確性、お求めやすい価格を兼ね備えたソリューションです。

最適な部品の設計

高度な熱-機械シミュレーションを実行してSLMプロセス向けのベストな設計を作成することで、後処理を減らし、高コストの試作反復を回避することができます。

主な特長

部品やサポート材の設計

設計対象部品と同じ環境内でサポート材をインタラクティブに作成および編集できるため、部品の設計と並行してサポート材を生成できます。

No Graphic

習得しやすい環境

直感的なプロセス駆動型のユーザーエクスペリエンスにより、製造に関する深い洞察を迅速に得ることができ、より迅速で優れた設計が可能になります。

No Graphic

プリント解析

内蔵の熱-機械ソルバーにより、構築から冷却、切断、スプリングバックまでのプリントプロセス全体を正確にシミュレーションできます。

No Graphic

欠陥の特定

大きな変形、過熱、層間剥離などの欠陥を簡単に検出してプロットし、設計やプロセスの見直しに役立てることができます。

No Graphic

材料とプリンター

ライブラリから積層造形用材料と標準プリンターを選択することも、数々の高度なオプションを使って独自のセットアップを作成することもできます。

No Graphic

プリント準備

部品を層ごとに評価し3Dプリント解析よりも前に形状に問題がないことを確かめてから、プリント用の部品とサポート材のデータをファイルにエクスポートできます。

No Graphic

Inspire Print3Dのワークフロー

  1. モデルのセットアップ
     
  2. 熱 - 機械解析
     
  3. 製造性の最適化