eikotwin-dic

Eiko Sim社製 EikoTwin DIC

シミュレーションと実験の架け橋

Eiko Twin DICはお客様の有限要素メッシュ(FEM)をもとに画像処理(DIC: デジタル画像コリレーション)を行うツールです。

DICは、機械的特性の試験における構造物の変位やひずみの測定を可能にする画像処理技術です。DICは、構造物の機械的な挙動を理解するために収集する情報量と収集能力を、ひずみゲージや伸縮計に比べて大幅に向上します。ただし、従来のDICは点群の変位とひずみの測定値を提供するだけであったため、シミュレーション結果と実験値の比較に多くの時間を必要としました。

Eiko Twin DICは、変位やひずみを有限要素メッシュ上の画像から直接算出するシミュレーションをベースとしたソフトウェアのため、数値シミュレーションから予測された変形を直接比較することができます。

一つの実験を通じて、シミュレーションモデルをどう改善するべきかをいち早く理解できるため、トライアンドエラーによる時間のロスを削減することが可能となります。

EikoTwin DICの導入メリット

実験とシミュレーションの直接比較

実験結果を有限要素メッシュ上で測定できるため、シミュレーションエンジニアはその実験結果を直接利用できるようになります。

広範囲な測定エリア

測定データは限られた点ごとではなくフルフィールドで(任意の点で)得られるため、結果の分析が包括的かつロバストになります。

Altairシミュレーションツールへのダイレクトエクスポート

結果は、ポスト処理に向けてHyperWorks™を使って直接出力できます。

主な機能

フルフィールド測定

変位、ひずみ、相関性を部品のサーフェス上で(ピクセルスケールで)直接測定します。

No Graphic

マルチカメラビュー

カメラの数に技術的な制約はなく、有限要素メッシュ全体の変位とひずみを測定できます。

No Graphic

仮想センサー

仮想的な変位計、伸縮計、ひずみゲージは、あらゆる場所に設定でき、DICの結果や物理的なセンサー、シミュレーション結果と比較できます。

No Graphic