activate

Altair Activate®

複合領域のシステムシミュレーション

Activateは、包括的なモデルベース開発のためのオープンで柔軟な統合プラットフォームです。シグナルブロック、オブジェクト指向の物理コンポーネント、電気・電子システムのためのハイブリッドブロックダイアグラムモデリング環境をベースにしたActivateは、開発サイクル全体を通してマルチフィジックス解析を可能にします。

数値モデリング、スクリプト、モデリング言語を包括的にサポートし、同じモデル内での既存のコードの再利用と統合を容易にします。ツール非依存のFunctional Mock-up Interface(FMI)規格、もしくは、電気機器のセンサーやアクチュエーターの動的解析を強化するためのAltair MotionSolve™Altair Fluxとの連成シミュレーションを用いた、粒度の調整が可能なモデルを用いたマルチレベルモデル化手法を可能にします。

Activateは、開発グループ毎に孤立しがちな複数分野のエンジニアリング間の連携を強化し、リンクさせます。


Activateの複合領域シミュレーション機能

Activate の概要ビデオ

Activate導入のメリット

総合的な評価

SoS(System-of-Systems)などの製品全体の性能をシミュレーションし、コンポーネントやサブシステム間の相互作用に加え、全体挙動の評価精度を高めることができます。

より有益な知見を、素早く捕捉

複合領域的な様相を組み合わせたシステムシミュレーションを実施することで、製品性能の理解を深めることができます。1Dモデルと3Dモデルの連成も可能です。

オープンかつ柔軟

ModelicaやFMUなどのオープンな規格を利用すれば、強力な内蔵機能をさらに拡張させることができます。Activateは、Altairの様々なソフトウェアの機能を補完したり拡張したりできます。

主な特長

1Dシステムシミュレーション

システムレベルでのシミュレーションにより、製品の部分的な評価の域を越えて、総合的に製品全体の良し悪しを判断できます。

No Graphic

ブロックダイアグラム - 制御システム設計

センサー、アクチュエーター、フィードバック機構、内臓ロジックを備えた現代のスマートシステムを開発する際に、自然な発想でモデリングできます。

No Graphic

同じダイアグラム内でシグナルベースブロックと物理ブロックを混合可能

定義済みのModelicaブロックライブラリを活用して、機構、電気、流体、熱の物理コンポーネントをモデリングできます。

No Graphic

3Dシミュレーションよりもはるかに高速

モデルをはるかに抽象的に表現するため、より早い段階(コンセプト設計段階など)で製品性能の知見を得たり、設計検討を素早く行ったりすることが可能です。

No Graphic

他のAltairツールと連携

たとえばマルチボディダイナミクス制御モデルの場合はMotionSolve®と、モーター動作制御モデルの場合はFluxと連成シミュレーションを実施することで、より現実的な複合領域システムシミュレーションを実現します。

No Graphic

Functional Mock-up Interface(FMI)をサポート

FMU(Functional Mock-up Unit)を使用できるため、FMI規格をサポートしているAltair以外のツールとのモデル交換や連成シミュレーションが可能です。

No Graphic

主な機能

Wistia

1Dブロックダイアグラムモデリング

 
Wistia

Modelicaを用いた物理モデリング

 
Wistia

1Dシグナルブロックと物理ブロックを混合

 
Wistia

FMI経由で他製品と連携

 
Wistia

1D/3D アクティブサスペンションの例

 
Wistia

0D/1Dモデリング